特定調停後、ブラックリスト入りしてしまったけれど10年後にはお金を借りられました

Chotei

特定調停を行って債務整理をした場合、その後は二度とお金を借りれなくなるのでしょうか。

債務整理をした人間は金融機関のブラックリスト(個人信用情報)に載ってしまい、二度とお金を借りれなくなると思われがちですが、実は10年で記録が消滅するんです。

つまりは債務整理をしても10年後にはキャッシングができるということ。ここでは体験談を紹介します。

債務整理をした10年後にキャッシング申込みをした体験談

債務整理と言うのはキャッシングなどを利用している中で返済が困難になった時、複数の金融機関からのキャッシングを利用して多重債務になってしまったときなど、借金を整理する事を意味しています。

また、債務整理には借金を減額し債務を一定期間の中で返済を行う任意整理と呼ばれる方法の他にも、債務を全て免責して貰う事が出来る自己破産、債務の返済が出来なく前に弁済計画を立て、裁判所に申し立てを行った上で借金を減額させると言う個人再生、そして債務者と債権者が話し合いを行って、金利の再設定を行ったり、返済額の減額などの話し合いを行って債務を整理すると言う特定調停などの4つの債務整理の方法が有ります。

尚、特定調停と言うものは、簡易裁判所などに対して申し立てを行うのが特徴で、裁判所に対して申し立てを行う事で、裁判所側では調停委員というものが結成され、債務者と債権者の間に調停委員が入って、金利及び返済額の再設定、返済額を減額するなどの話し合いを3者で協議を行うのが特徴です。

また、この話し合いにより債務整理が可能になるのが特定調停なのです。

但し、特定調停というのは債権者が合意をしなければ行う事が出来ない債務整理であり、調停調書については確定判決と同じ効力を持つのが特徴でもあるのです。

尚、特定調停を行う事で自己破産同様にブラックリストに掲載されることになります。

ブラックリストに掲載されてしまうと、キャッシングの申込みやクレジットカードを新たに作ることが出来なくなるのが特徴です。

キャッシングの申込み時に、ブラックリストに掲載されている人物であるか否かというのは、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会するからで、この個人信用情報に自己破産や特定調停を行って債務整理をした記録が残されており、この情報が記録されている場合はキャッシングの申込みを行っても審査に通らないのだと言われているのです。

尚、ブラックリストと言うのは、リストが存在するのではなく、個人信用情報に金融の中での事故の情報が残されている事をブラックリストと呼んでいるのです。但し、ブラックリストと言うものは生涯そのまま残されるのではなく、個人信用情報は10年などの歳月の中で記録が消滅するようになっているのが特徴なのです。

それ故に、特定調停を行って債務整理をしたのですが10年後にはキャッシングの申込みを行い、お金を借りる事が出来るようになったのです。

SNSでもご購読できます。