求職中に失業保険でお金を借りて生活ができました

shitugyohoken

会社を退職して、しかも借金が残っている場合はどうすればいいでしょうか?

キャッシングの返済が残っている状態で会社から首を宣告されてしまったら、何も知らなければ途方に暮れてしまいますよね。

途方に暮れないためにも、「失業保険」の受け取り方については最低限知っておきましょう。失業したという事実があっても、日本国はその人を見殺しにするようなことはありません。使える制度は使うに越したことはないのです。

失業保険受給の体験談

一時的に無職の時期がありましたが、仕事を辞める前に利用していたキャッシングの返済もありましたので、生活面でかなり大変な思いをしていました。しかし、会社都合の退職でしたので比較的早い段階で失業保険を受け取ることができて、そのお金で生活と返済、就職活動をすることができました。

私が利用したキャッシングの業者はとても親切で、会社の都合で失業したことを伝えたところ、損害金を請求せずに一定期間待ってくれるということになりましたので、とても助かりました。そして、奮起して活動したこともあり、何とか新しい職場に就職することができましたので、今ではキャッシングの返済も遅れを取り戻した上で、滞りなく続けることができています。失業保険を利用することでそれほど利息をためずにすみましたので、助かりました。もちろん、就職活動に必要なスーツや旅費、履歴書などの購入も保険でまかなうことができましたので、早めに受け取ることができてよかったです。

現在では、今受け取っている給料の範囲内で生活することができていますが、急な飲み会や家電の故障などの突発的な支出があるときには、やはりお金を借りることがあります。とはいえ、前回の経験で懲りていますので、高額の借り入れをすることはなく、借りる場合にもできるだけすぐに返済するようにしています。以前からあった借金についてはかなり返すことができ、あと一年足らずで完済予定ですが、利用可能な状態で残高0円にしておいて、カードはそのまま保管しておく予定です。

借り入れ金額が0ならば利息も付きませんし、急に現金が必要になったときにはやはり、担保提供や保証人が不要で、使い道が自由なキャッシングの存在というのは便利です。利用可能なATMもいろいろなところにありますので、旅行や出張先で現金が足りなくなったときや、外出先でほしいものが見つかったときなど、何度も助けられました。

もう失業したいとは考えていませんが、仮に何かあったときでも今の職場は失業したときの保険金も前の職場ほど高くはなりませんので、何かあったときにお金が不足することは眼に見えています。こういったときにすぐに現金を貸してもらえるキャッシングがあると、安心して生活することができますので、早いうちに完済しておきたいと考えています。もちろん、返済が終わったら貯金も始めて、借り入れだけでなく、いざというときの蓄えも準備しておくつもりです。

SNSでもご購読できます。