公務員だと意外とすんなり借りれました!

a1180_012678

キャッシングの審査に通るかは「返済能力があるか」で決まりますが、その中でも「職業」はかなり重要視される要素です。

特に収入が安定している公務員はキャッシングサービスを展開する各社に取って一番の上客でしょう。

「公務員は収入も多いし、キャッシングなんて利用するの?」と感じるかもしれませんが、意外とキャッシングを利用している方も多いようです。公務員のキャッシング事情を見てみましょう。

公務員のキャッシング体験談

我が家では今年に入ってようやく妻と結婚式を挙げ、さらにその後すぐに子宝に授かり、ついこの前までは独り暮らしだった私が今や一家の主人となった責任の重さを痛感する日々が続いています。仕事は公務員なので少しは安定しているとはいえ、これまでの一人分の給料で今では家族三人分の生活費や保険料を捻出しなければならないのですから、どうしても無理が募ってしまうもの。最初の頃はこれまでの貯金もあったので何とかやれていましたが、特に子どもが生まれてからは立て続けに出費が覆い被さり、いかんともし難い状況に陥ってしまいました。

これまでは積み重なる出費をボーナス時に解消していたのですが、それもいつの間にか難しくなり、これはもう誰かのお世話になるしか手がないものと考えるようになりました。最初は親や友人に援助してもらうことを考えたのですが、それも癖になってしまうと迷惑をかけるもの。そうならないためにも、あくまで自己責任のもと借り入れが行える消費者金融のキャッシングを頼ってみることを思い立ちました。

まずはネットの口コミをよくチェックして、借りやすくて利息の低そうなところを中心に幾つもの消費者金融を比較検討して、最終的な一社に絞り込み。人生初のキャッシングでしたが、まずは電話で詳しい借り方について相談したところとても分かりやすく紹介してくれました。また、そのオペレーターの方によると、消費者金融の借り入れ審査では公務員はとても安定した職種と見なされることが多く、そのため公務員がキャッシングを利用契約している例は非常に多いのだとか。その言葉を聞いてとても安心することができました。

申し込みはスマートフォンからでも可能とのことでしたので、さっそくその日の深夜に申し込みを行ってみました。希望した融資額は200万円。他にも入力欄に氏名、年齢、職業、勤務先、そして年収などを書き込み、さらに健康保険証と給与明細をスマートフォンで撮影した画像データを送信すると手続きはすべて完了です。本当に200万の借り入れが可能なのかどうか、審査結果が心配でしたが、翌朝になって審査担当者の方から電話連絡が入り、融資可能ですとのお返事を頂くことに成功。その後、数時間のうちに私の銀行口座にキャッシング200万円が一括振り込みされました。

こうやって融資金を手にしたことで生活には潤いが生まれました。これまでは妻とお金を巡って言い合いになることもありましたが、最近では関係性も良好で親子三人、お金の心配も無く暮らせています。

SNSでもご購読できます。