外国人でも「外国人登録証明書」と毎月の安定収入があればすぐに利用できます!

gaikokujin

日本に滞在している外国人の場合、日本でお金を借りることは可能なのでしょうか?

お金を貸す側の立場で考えた場合、外国人相手の場合は「相手が急に国に帰って回収できなくなるのではないか?」という考えがどうしても頭をよぎります。

だからと言って外国人相手にはお金を貸さないかと言うと、必ずしもそうではありません。条件を満たしていれば日本人の場合と変わらずお金を借りることができるんです。以下の、外国人登録証明書を使ってキャッシングした例を参考にしてみてください。

外国人登録証明書を使ってお金を借りた体験談

私は日本人ではない外国籍の人間なのですが、数年前から日本で働いて生活をしています。日本で生活をしていますと何かとお金がかかりますので持ってきたお金だけでは正直足りないこともありました。そこでキャッシングというサービスがあることを友達に教えてもらったのです。

ただキャッシングサービスというのは日本国籍を持っている人のみのサービスであり、私のような外国籍の人間には貸付をしてくれるのか心配でした。外国籍の人ですと万が一本国に帰られてしまえば取り立てができなくなってしまいますので最初から貸し付けをしないところが多いように思われたのです。

キャッシングのサイトを調べてみますと外国人であってもある一定の条件を満たしていれば借りられるということがわかりました。一つは外国人登録証明書があるということです。そしてもう一つは安定した収入があるということでした。外国人登録証明書に関しては持っていましたし問題ありませんでした。また収入に関しても数年間同じ仕事を続けていてそれほど多くはないものの一応安定した給料はもらっています。不安に感じながらもキャッシング会社に出向き、申し込みをすることにしました。

親切なスタッフの方が私に分かりやすいように説明をしてくれましたし、キャッシングの仕組みもよく理解できました。そして証明書類を渡して審査をしてもらったのです。その結果借りられることになりました。しかも融資までの期間がかなり短かったのです。まさかこれほどまで楽に借りられるとは思いませんでした。借りた金額は数万円程度でしたが、きちんと返済をして信頼を作って、これからさらに大金を借りる時のために備えたいと思います。

キャッシング会社によってが外国人には対応していないところもあるのですが、私が借りた会社は大手ということもあり間口を広げてくれましたのでありがたかったです。キャッシング会社というのは外国人だからという理由で審査に落とすというのではなくあくまでも安定した収入があるかどうかということを重視しているのだそうです。

今まで真面目に働いてきた甲斐があったと思いました。友達などからお金を借りることも考えましたが、それでは人間関係が壊れるかもしれないと思い、キャッシングにして良かったです。今は一生懸命に働いて借りたお金を毎月返済しています。信頼を裏切らないように延滞をすることもなくしっかりと返済していきたいです。

SNSでもご購読できます。