教育ローンは子供の年齢によって選ぶといいです

kyouiku

子どもの教育にはお金がかかりますよね。最近では学歴社会に拍車がかかり、勉強ができるか否かで貧富の差が非常に激しくなっています。

いい塾に通わせたり、私立の中学、高校に入学させたりするととんでもない出費で、親御さんはそれはもう苦労します。お金持ちで教育費が無尽蔵にあるならともかく、一般家庭では生涯数千万もかかるような教育費を払いきれるわけがありません。

そこで奨学金や教育ローンのお世話になるわけですが、子どもの年齢によってオススメのローンは異なります。ここでは、そんな体験談を紹介します。

キャッシング契約を解除してから住宅ローンを組んだ体験談

子どもが大きくなるにつれて、教育費の問題で頭が痛くなってきました。ある程度成績がよければ奨学金という方法もありますが、将来的に子どもがどれくらいの能力を見せてくれるかははっきり分かりませんし、親としてはできるだけ自分で出してやりたいという気持ちもあります。

そのため、早い段階から教育ローンに関する情報集めをしていましたが、その結果、教育ローンは子どもの年齢によって決めるといった選び方をするのがよいということが分かってきました。つまり、子どもが高校のときのおすすめのローンと、大学に行ってから使い勝手のよいローンというのは異なってきますので、早い段階から長期的なローンを利用するのはあまり得策ではないということのようです。

かといって、このままでは進学するまでの間に教育ローンを全く利用しないというわけにもいかないと考えて、効率的な選び方をするためにいろいろ頭を悩ませていましたが、キャッシングを利用することによってできるだけローンを組む時期を後回しにするという方法を思いつきました。

そもそも、教育費というのは毎月同じ金額が必要になるのではなく、急な支出があるので対応できなくなることがほとんどです。そのため、常に高額の支払いが必要な大学に行くまでの間は、生活費で教育費がまかなえなくなったときにはキャッシングを利用して、その後返済を続けていくという方針で行くことにしました。一見キャッシングの金利が高いので損をしているように見えますが、繰上げ返済が無料でできますし、利息も日割り計算なので早めに返せばそれほど利息の支払いがないことも分かりました。その結果、キャッシングを利用するときもありましたが、それほど利息を払わずにこまめに返すようにしながらこれまで乗り切ってくることができました。

もうすぐ大学受験の問題がありますが、幸い生活費で払える範囲内の金額で塾を利用して、学校についていくことができています。このままもうしばらくキャッシングを利用して、大学に行くことになったら奨学金を使いながら遠方でも進学させてやるつもりです。

使い道が自由で、借り入れや返済が簡単にできるキャッシングを活用したことで、ここまでまとまった金額のローンをせずに済んで助かりました。今後も子どもの進学後の引越しや家財の購入などで利用することがあると思われますが、きちんと返済計画を立てながら、上手に活用していきたいと考えております。

SNSでもご購読できます。