銀行のフリーローンで借りたお金で結婚式ができました

kekkon

結婚はめでたいことですが、結婚式をあげたり、新婚旅行やその後の新生活など多額のお金がかかります。お互い貯金をしっかりしているもの同士で結婚すれば問題ないのですが、最近はそのようなカップルのほうが少ないようです。

だからと言って、結婚式をしょぼい形で終わらせたりすると後悔します。特に女性にとっては、結婚式は人生で1,2位を争うビッグイベントですからね。パートナーとしても、そこは無理してでも壮大に式を執り行いたいものです。

そんなとき、ブライダルローンという結婚する2人向けのローンがあります。また、フリーローンも用途自由で借りれるため、人気があります。ここでは金利の低い銀行のフリーローンを利用した例をあげてみます。

ブライダルローンではなく、フリーローンで結婚資金を捻出した体験談

婚約や結婚式、新婚旅行から新居での生活にいたるまで結婚を迎える上で資金がたくさん必要になりますよね。一生に一度の結婚式には数百万円のお金がかかるイベントと言うことができると思います。お金が無いことを理由に豪華な結婚式ができないということにならないようにしたいと思い、資金を調達できる方法を探しました。

銀行や消費者金融のキャッシングにはブライダルローンというものがありますが、フリーローンでも自由な目的に利用できるキャッシングサービスなので結婚式の費用の捻出のために使えます。結婚式の費用とひとくちに行っても内訳もいろいろとありますし、招待客をどれぐらい呼ぶのかや会場の規模によっても金額は大きな差があります。式の料金の支払いは前払いで、半分は両親からの援助でまかなうものとして、残りの半分は自分で支払いたいと思いました。

2人の貯金額やご祝儀の金額、両親からの資金援助の合計額を考えても、数十万円程度足りないと感じたので、銀行のキャッシングサービスの種類の中でフリーローンの申し込みをしました。フリーローンであれば様々な目的のために利用できるローンのサービスなので、使いやすいと思ったのが決め手です。銀行のフリーローンであれば金利が低くて済みますし、大きな融資を受けることが可能と考えましたので十分な資金を得ることができました。

大手の知名度の高い銀行から融資を受けることで安心して資金を活用することができますし、返済についても心配していません。安心して大きな金額の融資を受けることができましたので、結婚式や結婚指輪、新婚旅行の資金に充てることができました。新居に引っ越しをして新しい生活を送っていくときに、さらに費用が必要になったときには、また銀行のフリーローンの申し込みをしたいと考えています。

フリーローンの申し込みは主に年齢が満20歳以上であることが条件になっていますので、自分としては申し込み条件に合致していましたので申し込みしやすいものでした。毎月の安定した収入を得ているために、年収についての審査も通ることができました。

申し込みにはローンの申し込み書にくわえて、前年の源泉徴収票や、免許証などの本人確認書類の提出が必要になりましたが、フリーローンの場合では使途を確認するための書類は提出しなくても済みましたので、手続きが簡単で契約を便利に済ませることができました。低金利で融資を受けることができましたので、しっかりと返済計画を立てて支払っていこうと考えています。

SNSでもご購読できます。