奨学金と教育ローンを使い分けると便利です

東大

奨学金と教育ローンの違いをご存知でしょうか。一見同じものに思えますが、内容はだいぶ異なります。

一番の違いは、実際にお金を受け取れる時期です。奨学金は大学などに入学したあとで支払ってもらうものなのに対し、教育ローンであれば、審査に通ってさえいれば入学前であっても支払ってもらうことができるのです。

ここでは奨学金と教育ローンをうまく使って息子の大学進学資金に充てた人の体験談を紹介します。

奨学金と教育ローンを使い分けた体験談

現代の日本では子供の教育に何かとお金がかかるものです。特に大学に進学させるとなると、数百万円近いお金がかかってきてしまうことでしょう。そうしたお金をポンと用意できるというのならそれに越したことは無いのですが、実際にはそういったお金を用意できるだけの人と言うのはそんなに多くないというのが現実ではないでしょうか。

そうした人の中には、一時的な教育用の費用をキャッシングで賄おうとする人もいますが、ここでキャッシングを利用するのは個人的にはお勧めしたくありません。もちろん私もキャッシングを利用していますし、その便利さは非常にありがたいのですが、数百万円のお金を借り入れるということはキャッシングではできないことが多いからです。

それではどうすればいいのかと言うと、私は「教育ローン」と「奨学金」を使い分けて対応しました。

多くの人が利用するイメージがあるのが「奨学金」ですが、奨学金はたしかに大学に入ってからは便利です。ですが、入学前にかかってくる入学金などの費用を奨学金で賄うことが出来たという人はいないはずです。どうしてなのかというと、「奨学金を支払ってもらえるのは5月から」だからです。つまり、入学をした後から支払ってもらうことができるお金なのですから、入学金にあてることはとても難しいのです。

そこで利用をお勧めするのが「教育ローン」です。教育ローンは「国民政策金融公庫」という機関が運営しているものですが、大学生になるという子供の学資や、大学生になった後の教育に必要なお金などを貸してくれるローンです。

これなら申し込みさえ済ませてしまえば、入学前にお金を支払ってもらうこともできるのです。ですから、そうした使い方をしたいのであれば教育ローンを併用することがお勧めなのです。ただ注意をしたいのが、いざ大学に合格したという段で教育ローンの申し込みをしたとしても、お金を支払ってもらうのが間に合わないことがあるということです。

もし大学に合格できなかったとしても、予備校に通わせる費用に使うことだってできるのですから、大学生になる子供が居るのであれば、教育ローンのことは知っていて困ることではありません。

私は二人の息子が大学生になるという際に、教育ローンと奨学金を利用しました。特に下の息子は自宅から離れて一人暮らしをしながら大学に通う予定になっていましたのでお金がかなりかかりましたが、二つの制度を上手く使い分けることができたので、さほど苦しいとは感じませんでした。

私と同じように息子が大学に進学するというのであれば、上手く二つの制度を使い分けられるように制度の内容をチェックしておくことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。