フリーローンを組んで運転免許を取りました

unten

フリーローンはその名の通り用途自由のお金を借りれるサービスですが、一般的なキャッシングと違った側面があります。

どこが違うかお分かりでしょうか?

ここでは、フリーローンを組んで運転免許を取得した体験談を紹介します。お金を借りる目的が決まっており、使う額も固定であれば、フリーローンを利用すると返済も楽になるかもしれませんね。

フリーローンでお金を借りて運転免許を取得した体験談

大学生になったら、自動車の運転免許が欲しくなりますよね。車が運転できると友達と遊びに行くときにも便利ですし、彼女ができればデートにも使えます。だから、大学に入学したらアルバイトをして、夏休みまでに絶対に運転免許を取得すると入学前から決めていました。しかし僕のそんな願いは、大学に入学すると無謀だったと覚りました。

大学に入学すると、サークル活動があったり講義に慣れるまでに時間がかかったりして、アルバイトをする時間を作ることができません。短期でアルバイトをしても、大学で新しくできた友達と遊んだり服を買ったりするのにお金を使ってしまい、教習所に通うお金を貯めることができなかったのです。これでは、夏休みまでに運転免許を取得することはできません。

とにかく、一気にお金を手に入れられる方法はないかと探していました。そんなとき大学の友達から、キャッシングとフリーローンについて話を聞きました。これなら運転免許の取得のために必要なお金が手に入ると思い、利用することにしたのです。しかしさらに友達の話を聞くと、僕はどちらもお金を貸してくれることは同じだと思っていたのですが、この2つには微妙な違いがあることを教えてくれました。

微妙な違いとは、キャッシングは一度審査に通ると限度額以内なら何度でも借り入れができるのに対し、フリーローンは一括でお金を借りると追加融資を受けることはできません。フリーローンで追加融資を受ける場合には、もう一度審査を受ける必要があるのです。

この違いを友達から聞いたとき、僕はフリーローンよりもキャッシングの方が便利だと思いました。しかしよく考えてみると、キャッシングは何度でも借り入れができて便利だけど、借りすぎることになる恐れがあります。それに対してフリーローンなら、キャッシングよりも不便かもしれないけど借り過ぎになることはありません。キャッシングだと僕は運転免許のためのお金以外にも借りてしまいそうだったので、フリーローンを組むことにしました。

フリーローンでお金を借りたおかげで、運転免許を取得するためのお金は用意することができました。教習も順調に進み、夏休みまでには無事運転免許が取得できそうです。

あとはフリーローンで借りたお金を返すだけですが、これもアルバイトをしながら少しずつ返済しています。キャッシングと違って借入残高が増えることがないので、時間をかければ確実に返すことができそうです。

SNSでもご購読できます。