任意整理後も借りられると思っていませんでした

任意整理

借金が自分のキャパシティを超えてしまい、返済が難しくなった場合に任意整理という手段があります。

任意整理は自己破産とは違い、借りたお金を引き続き返済していくのですが、利息や遅延損害金の支払いを免除してもらって元本の返済に努めるというものです。

ただし、貸金業者には任意整理を行った過去がばれますので、その後はお金を借りたくとも借りれない状態になります。それでも5年が経過すると、その過去も消え去り新たに借入ができるようになるそうです。

ここでは実際に任意整理から5年経過して、また新たにお金を借りることができた体験談をご紹介します。

任意整理から5年経過後に審査を通過できた体験談

最初にキャッシングを利用し始めたのは、便利そうだから、そんな軽い気持ちでした。

実際に使ってみると、困った時にいつでもすぐにお金を借りる事が出来る便利さは最高で、最初は少し借りる事が出来たら便利位の気持ちだったのに、気がつけばその時の限度額いっぱいまで使ってしまっていました。

そこで、返済に集中すれば良かったのですが、そんな時に限って予定外の出費などが重なり、もっと借りたいという気持ちが勝り、他社の審査を受け気がつけば多重債務に陥っていました。

月に何度も来る返済日に追われるだけでなく、働いても返済に消えていき手元にお金が残らない生活に疲れ果て、これからどうすればと考えた時に知った言葉が債務整理でした。

そこで弁護士事務所に行き、今の借金の状態を説明して相談をしてみたところ、任意整理が良いと言われ、少しでも状況が改善するのであればと任意整理をお願いしてみる事にしました。

その時、債務整理などは借金の返済が楽になる代わりに、信用情報に傷がつき、今後、借金などができない可能性があるという話を聞きました。

多重債務で辛い状態に陥っただけに、今後はキャッシングなどを使わない方が良いという気持ちがあったので、これも良い薬と考えているうちに、任意整理の手続きが終わりました。

任意整理のおかげで、月々の返済額が楽になり、約束の期間までにしっかりと返済をしていこうと、そこからは真面目に働き、返済についてだけを考える日々でした。そして5年程度で無事に全額返済し、やっと一息つく事が出来ました。

ですが、そういう時に限って良くない事が起きるもので、その辺りから予定外の出費が続くようになり、気がつけばもう一度キャッシングを利用できたら楽なのにと考えるようになっていました。

そこで調べてみると、任意整理をしても5年程度経過していれば、また利用が可能になるという事を知り、試しに業者の審査を受けてみる事にしました。駄目なら諦めようと考えていたのですが、無事に審査をクリアする事ができ、その結果に本当に驚くと同時に本当に有難いと思いました。

ただ有難いと思うと同時に、今度は前のように多重債務にならないよう、計画的に利用していかなければと心を引き締めました。以前の失敗があったおかげで、今は借りたらしっかりと返済するという事を心がけているおかげで、最初の限度額の範囲内で上手くやりくり出来ています。

SNSでもご購読できます。