求職中に失業保険でお金を借りて生活ができました

shitugyohoken

会社を退職して、しかも借金が残っている場合はどうすればいいでしょうか?

キャッシングの返済が残っている状態で会社から首を宣告されてしまったら、何も知らなければ途方に暮れてしまいますよね。

途方に暮れないためにも、「失業保険」の受け取り方については最低限知っておきましょう。失業したという事実があっても、日本国はその人を見殺しにするようなことはありません。使える制度は使うに越したことはないのです。

続きを読む

求職中に求職者支援制度でお金を借りて就職活動ができました

mushoku

「お金がない!働かねば!」と思っても、求職活動にもお金がかかります。

ハローワークに通うにしても、何かしらの資格や特技などを持っていないと、すぐには職が見つからないものです。

そこで厚生労働省では、職業訓練の受講を容易にするための給付金(職業訓練受講給付金)を支給する「求職者支援制度」を用意しています。

ただし、就職活動と生活にかかるお金全てをまかなうほどの資金をもらえる訳でもありません。体験談を見てみましょう。

続きを読む

失業した時に生活福祉資金貸付制度でお金を借りて生活できました

shitsugyo

あなたが明日突然、職を失ってしまったらどうしますか?

たっぷり貯金していて、数カ月分の生活資金を溜めこんでいるのなら問題ないのですが、なかなかそんな人はいませんよね。

そんな突然の失業時に使える制度として、厚生労働省の「生活福祉資金貸付制度」があります。一般的なキャッシングを使うより有利な特徴がありますので、ぜひ検討してみてください。

続きを読む

日本政策金融公庫からお金を借りて事業を成功させました

kokkai

起業しようと思ったら、まず何が必要でしょうか?

本人のやる気? 人脈? それとも運?

それらも必要だとは思いますが、何より先に「お金」が必要です。開業費用、社員の給料、商品の仕入れ代、税金、その他諸費用等の事業資金ですね。

事業計画がどれだけしっかりしていても、実績のない小さな会社に銀行はすぐには融資してくれません。そこで知っておきたいのが、「日本政策金融公庫」からの借入です。国から新規開業資金を借りるという発想はなかなか出てこないと思いますが、以下の体験談を参考にしてみてください。

続きを読む